健康コラム&アンケート

葉酸とはどんな成分?

妊活をしている人や妊娠中の人は、葉酸という栄養素を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。葉酸は、妊娠初期に必要不可欠な栄養素といわれています。ここでは、葉酸がどのような成分であるかをわかりやすく説明します。

ビタミンB群の一種

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種であり、ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜に豊富に含まれています。血液と密接に関係している葉酸は、赤血球を合成する働きがある栄養素です。また、皮膚の粘膜の強化や遺伝子物質であるDNAを構成している核酸やタンパク質の生合成を促進し、さらにアミノ酸の合成などを行うため、身体をつくるうえで欠かせない栄養素だといえるでしょう。葉酸が体内から不足すると、貧血や口内炎などの原因となります。アルツハイマー病や心疾患などを予防する栄養素としても注目されており、妊娠中の人だけではなく、中高年の人も摂取しています。

イメージ1

妊娠初期には葉酸が不足しがち

妊娠初期には、お腹のなかで赤ちゃんの重要な器官が形成されます。この時期に葉酸は不足がちになるため、2000年に厚生労働省から妊娠の可能性がある女性は、通常の食事からの葉酸摂取に加えて、サプリメントなどでも1日400μgの葉酸を摂取するよう通知が出されました。赤ちゃんの先天異常の中で二分脊椎などの神経管閉鎖障害と呼ばれる疾病があり、葉酸の摂取はその発症のリスクを低減することが報告されています。緑黄色野菜などにも葉酸は含まれますが、これら食品中の葉酸の大部分はポリグルタミン酸型として存在し、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程で様々な影響を受けるため、生体利用率は50%以下と推定されています。また、水溶性ビタミンであるため熱に弱く調理した際に分解されてしまうことも特徴の1つです。一方、サプリメントなどの栄養補助食品に使用される葉酸は食品中の葉酸とは構造が異なっており、安全性や生体利用率が高いことがわかっているので、妊娠中はサプリメントなどで摂取すると良いでしょう。

葉酸はいつ頃から摂るべき?

妊活中の人や妊娠中の人は妊娠する1カ月以上前から妊娠3カ月までの間は、葉酸をはじめ、その他のビタミンを含む栄養バランスの取れた食事が必要とされています。葉酸をとることは大切ですが、1日あたりの摂取量が1mgを超えないようにしましょう。葉酸を過剰摂取することでビタミンB12欠乏症の診断を困難にすることが報告されています。そのため、妊活中の人や妊娠中の人は毎日適量の葉酸を摂取するように心がけることが大切です。一度にたくさん葉酸を摂取しても、身体に必要な量以外は尿として排泄されてしまいます。葉酸は、サプリメントや食事などから適宜摂取するようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの身体を守るために、妊娠前から妊娠中に葉酸を摂取することは大切です。葉酸を摂取するうえで摂取量を超えてしまうと健康に影響を及ぼすこともあるため、1日400μgまでの摂取を守りましょう。