健康コラム&アンケート

ビタミンにはどんな種類がある?種類と働きについて紹介

身体のなかでさまざまな働きをするビタミンには、どのような種類があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。ビタミンには多くの種類があり、健康な身体を維持するうえで欠かせないものです。今回は、ビタミンの種類や働きについてわかりやすく説明します。

脂溶性ビタミンと水溶性ビタミン

ビタミンは、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンのどちらかに分類されます。脂溶性ビタミンとは油に溶ける(水に溶けない)性質があり、水溶性ビタミンは水に溶ける性質があります。水溶性ビタミンは余分なものは尿となって排出されますが、脂溶性ビタミンは体内に蓄積され体外へ排出されません。そのため、サプリメントなどで脂溶性ビタミンを摂取する際には摂り過ぎに注意するようにしましょう。
ビタミンは、三大栄養素に比べて微量ではあるものの、人体の機能を正常に保つために必要な有機化合物です。ビタミンは全部で13種類あり、脂溶性ビタミンが4種類、水溶性ビタミンが9種類です。体内ではほとんど作ることができないため、食物として取り入れる必要があります。

イメージ1

脂溶性ビタミンとは

脂溶性ビタミンは油に溶けやすいため、脂溶性ビタミンが含まれる食材を油で調理することで吸収率が上がります。脂溶性ビタミンであるビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKは、うなぎやまぐろ、納豆などに豊富に含まれています。油を使用してこれらの食材を調理することで、吸収を効率良く高められるでしょう。脂溶性ビタミンが欠乏すると、どのような症状があらわれるかは、ビタミンの種類によって異なります。主なものとしては、ビタミンA不足による夜盲症、ビタミンD不足によるくる病や骨軟化症があります。しかし、脂溶性ビタミンは水に溶けにくく、主に脂肪組織や肝臓に貯蔵されるという性質から、摂りすぎると過剰症を引きおこすことがあるので注意が必要です。

水溶性ビタミンとは

水溶性ビタミンは水に溶けやすく、血液などの体液に溶け込んでいて、余分なものは尿として排出されます。そのため、過剰摂取した場合でも過剰症を心配する必要はほとんどありません。また、熱に弱く、長い時間加熱したり長い時間水洗いしたりすることで食材から多くのビタミンが失われるため、調理する際には注意するようにしましょう。水溶性ビタミンには、ビタミンB群(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシンなど)やビタミンCがあり、糖質の代謝や造血作用など身体にとって重要な役割を果たしています。欠乏することで肌荒れや貧血などを引き起こす可能性もあります。ビタミンB1は豚肉、ビタミンB2は卵、ビタミンBはいわし、ビタミンB12は豚レバー、ナイアシンは落花生、ビタミンCはレモンなどに豊富に含まれており、肌荒れなどに悩んでいる人はビタミンB群を積極的に摂取すると良いでしょう。

まとめ

ビタミンには水溶性と脂溶性の2種類があるため、それぞれの働きを理解して適した方法で摂取することが大切です。ビタミンを効果的に摂取する方法を理解し、健康を維持するためにも過剰に摂取しすぎないようにしましょう。