乳酸菌 プロバイオティクス

人間と共に生きている

人間の腸の中には100種類以上の腸内細菌がいます。
これらは、消化管からの分泌物や食べた物を栄養素にして成育し、様々な物質を作り出しています。
腸内細菌の一種である乳酸菌は、乳糖やブドウ糖などを栄養に増殖し、多量の乳酸を産出する細菌の総称です。これによって消化管内を酸性に保っています。
1日の食生活で「乳酸菌をとらない日はない」と言えるほど、乳酸菌を利用して作られている食品が私たちの身近にはたくさんあります。

乳酸菌を多く含む食品

キムチ
キムチは野菜の発酵食品で栄養バランスのとれた理想的な健康食品のひとつです。
ヨーグルト
乳酸菌を用いて発酵させた代表的な発酵乳です。
味噌
乳酸菌は雑菌の増殖を抑えるとともに、お味噌の味を引き締める働きもしています。
しょうゆ
大豆と小麦を原料とし麹菌や酵母を利用した、日本を代表する発酵調味料です。
チーズ
牛乳の成分が乳酸菌の発酵で分解されるため、消化吸収されやすい食品です。