ビタミン・ミネラル

ビタミン─体を動かす“潤滑油”

体の健康維持にとって不可欠であり、エネルギーをサポートするのがビタミン。いわば、体を動かす“潤滑油”のようなものです。
ビタミンの多くは体の中でつくることができず、毎日の食事などから摂取していかなければなりません。
偏った食生活を続けたり好き嫌いが多いと、ビタミンをバランスよく摂取することが難しくなってきます。

※ビオチンはビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種です。ビオチンは、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

ミネラル─生命活動を維持するカギ

カルシウムやマグネシウムを代表とするミネラルは、体の重要な構成成分なため、生命の維持には欠かせない栄養素です。
厚生労働省の「国民栄養調査結果」によると、こうしたミネラルは慢性的に不足していて、特にカルシウムは過去30年間で一度も摂取目標値を上回ったことがありません。
ミネラルは、ビタミンと同様に人の体内で作り出すことができません。
そのために食物から摂取することになります。
過剰摂取は禁物ですが、健康な生活を送るためには必要量をバランスよく摂取しなければなりません。

※亜鉛、鉄、銅はミネラルの一種です。
亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。
亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。
鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。
銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。

ビタミン&ミネラルを多く含む食品

豚肉
ビタミンB1の宝庫。代謝を調整するカリウム、リンなども多く含んでいます。
さんま
カルシウム、ビタミンB群が豊富で、さんまの脂肪に含まれるDHAは脳の活性化にも役立つといわれています。
はまぐり
不足すると貧血を引き起こしやすい、ビタミンB12、そして、赤血球を作るのに必要な栄養素である鉄が豊富です。
いちご
いちご5粒で大人の1日のビタミンC必要摂取量をとることができます。
ほうれん草
緑黄色野菜の代表と言えるほうれん草は、鉄分やカロテンといったビタミン、ミネラルが豊富です。